TOEICと英単語の習得について

言語を学ぶ上で欠かせないのが、その言語の単語をきちんと習得することです。仮に文法だけ覚えても会話にはなりませんし、その逆も然りです。しかし、TOEIC対策という観点から見てみると、必ずしも単語の勉強は必要であるとはいえないのです。TOEICで重要になるのは、どれだけTOEIC専用に対策ができているか、ということです。つまり頻出単語や文法を覚えているうちにある程度の点数は取れますし、必要になる単語を絞って覚えられるというメリットも有ります。当然、その時間を他の勉強に当てることもできるでしょう。頻出する単語などに範囲を狭めて、効率的に勉強する術を身につけてみましょう。ネイティブのように会話できるまでに英語力を鍛えたいなら話は別ですが、試験対策と考えるとこのような考え方も必要になってくるはずです。

TOEICは英文を読めるようになろう

初めてTOEICの勉強に取り掛かると、どれから取り掛かったら良いものか悩んでしまいがちです。これは多くの受験者が悩む壁でもありますが、その壁を突破するためにまずは英語を読む力、長文対策から始めましょう。TOEICの問題の中にも長文問題はありますが、これを読めないことには点数を稼げません。長文は一見すると高い壁のように思えますが、実際には稼げる人は稼げる重要な稼ぎポイントでもあるのです。リスニングのように聞き取る力も必要ありませんし、コツさえ掴めばある程度の点数を稼げるためです。また、長文の勉強をしておけば、自然と英語力が高まる、という利点もあります。文章を読む力も高まりますし、文章中に出てくる単語も覚えられるでしょう。リーディングに必要は基本的な部分を学ぶことができるので、長文に取り掛かってみてはいかがでしょうか。

TOEICプログラムについて

今、TOEICプログラムを受講させる企業が増えてきています。このプログラムは、自分自身が持っている英語力がどのくらいなのかを把握できるシステムですが、企業のグローバル化が進む中、社員の英語力を身につけさせるために受講させているのです。TOEICの特徴は、ただ英単語などの知識ではなく国際社会に適合できるコミュニケーションが行えるレベルかどうかということです。各項目のテストを受けることで、このコミュニケーション能力がスコアによって表示され、企業によってはそのスコアをもとに昇級や昇格の基準にしていることもあります。英語を使いコミュニケーションを行うことは簡単なことではありません。今まで学校などで学習してきたレベルよりもさらに上で学習が必要になるので、TOEICプログラムはレベルの高いものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*