TOEICは短時間で取得できるか

TOEIC取得を目指している方の中には、もう間近に試験が迫っている、という方もいるでしょう。せっかくだから受験するのも一つの手ですが、短期間短時間でTOEICの点数を上げることができるのでしょうか。特に初めて受験する方にその点について注意する必要があります。英語というのは、一朝一夕で身につくものではありません。普段英語を使う機会がある場合や学校で習っている途中ならまた話は変わりますが、そうでない場合には注意が必要でしょう。特に単語に関しては、完全に暗記物のためすぐに覚えられるとは限りません。そのせいでモチベーションにも影響するでしょう。一日にどれだけ勉強できるかが非常に影響する科目でもあるので、TOEICの試験を受けると決めたのであれば早い段階から行動を開始しましょう。その行動の早さが結果を分けるのです。

TOEICの点数を上げるための時間

前回TOEICを受験したけど、満足のいく結果にはならなかった場合には、さらに勉強時間を増やして次の試験に備えなくてはなりません。そのような場合、どの程度の時間をかける必要があるのでしょうか。点数の向上を目指している方は、スケジュール管理のためにも知っておきましょう。TOEICにおいて点数を上げるのは、想像以上に大変なことです。例えば点数を前回よりも100点上げたい場合、大体500時間前後はかかると言われています。当然すぐに達成できる時間ではないので、急いで勉強してもあまり意味が無いでしょう。点数を上げるのは、それだけのゆとりが必要になるのです。スタート地点は人によって異なりますが、不安のある方は更に勉強時間を増やして対策を進めておきましょう。その対策次第で、最終的な点数は必ず向上につながるのです。

TOEICでは発音も勉強しておく

TOEICの問題文としては、リーディング問題とリスニング問題が挙げられます。この2つを重点的に勉強している方がほとんどだと思われますが、ぜひ発音の方も勉強しておくことをオススメします。発音は問題に含まれているわけではありませんが、問題を解く上できっと役に立ってくれることでしょう。なぜ発音が役に立つのかというと、自分が発音できる単語はリスニング問題でも聞き取りやすくなるのです。それも発音をネイティブレベルまで向上させなくても、リスニングは格段に聞き取りやすくなるでしょう。頭の中で再生されるだけの英語と、自分が実際に発音する英語ではまた違うはずです。勉強のスケジュールの中に、発音も取り込んでみてはいかがでしょうか。リスニング問題に向けてこの対策をしておけば、発音の重要性も身に染みて感じることができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*